キャッシング契約が5社以上になったら要注意?

一般に、借金の借り入れ先は少なければ少ないほど良いと言われています。例えば、同じ100万円を借りる場合でも、1社から100万円を借りるほうが、5社から20万円ずつ借りる場合よりもはるかに良いと言われています。

この理由としては、様々な理由が考えられますが、まず、金利面で有利になるということがあげられます。例えば利息制限法では100万円以上の借り入れでは15%が上限と定められています。なので、1社から100万円を借りれば最高でも金利が15%となります。5社から20万円ずつ借りたら、それぞれが金利18%となって、大きく損をすることもあります。また、複数の会社からお金を借りれば、それだけ返済計画を立てにくくなり、破綻のリスクも上がります。

5社以上から借金をしている人は多重債務者と呼ばれており、キャッシングの審査ではかなり不利になってしまいます。キャッシングでは、複数の会社と契約を結んだりせず、多くても3社以内に抑えておくことが理想です。

Leave a comment »